2019.03.11 / 月曜日

-平成30年度「記念の森」造成事業 「エゴノキ大作戦」氷上浪漫里山の会主催-

 山王社氷上遺構公園に公募参加者7名と会員15名でエゴノキ15本を植えました。
 植樹の後、巻き割り体験や大内人形を作り里山体験で楽しい時間を過ごすことができました。イベントの様子は、氷上浪漫里山の会のホームページにも掲載しています。

 

 象頭山「気晴らしの丘」に、大内小学校2年生110人が、サツキツツジ150本を植えました。
 この事業は、緑の募金を通した『ファミリーマート夢の掛け橋募金』の寄付によるものです。
 主催者の象頭山再生プロジェクト小林和弘代表から「植樹を通して故郷を愛する心を育ててほしい」と話があり、樹木医の藤原俊廣さんからは、「山にある木を観察してほしい、葉の形はみんな違っている」と説明されました。この様子はTYSニュースでも放送されました。

 

2019.02.13 / 水曜日

みんなで守ろう大内桜

〜大内桜周辺の環境整備(植樹祭その2)〜


  歴史ある大内畑の大内桜周辺を整備し、地域の自然環境を守り、地域の文化を未来へ伝えることを会の目的として2017年9月に大内桜の会を発足し、昨年3月4日公益社団法人 国土緑化推進機構の「緑と水の森林ファンド事業」による補助事業の認定を受け、66名の参加を得て盛大にサツキツツジ・アジサイ・シャクナゲ等の植樹祭を行いました(右の写真)。

  その後も、大内桜の会会員及び市内の有志により環境整備を行なってきたところですが、昨年夏の猛暑により、30本のサツキツツジ(白)が枯れてしまいました。

 故に、山口市緑化推進協会の協力により、この度、サツキツツジ(白)30本を頂き、植栽することとしましたので、多くの方々の参加をお待ちしています。

 この事業には、大内まちづくり協議会の里山河川ふれあい事業の助成金も頂いていることを申し添えます。

◆日 時 3月2日(土) 10:00~12:00
◆場 所 山口市大内御堀4659番地(大内畑)
◆行き方 県道194号線・市道菅内3号線の分岐点から3.3Km先を左折、700m先の左側。
◆内 容 大内桜周辺にサツキツツジ(白)30本の植栽及び草刈等の環境整備
     (真砂土と肥料を混ぜ植栽しますので、スコップ等をご持参頂ければ幸いです。)
◆主 催 大内桜の会
     代 表 藤井 恭二
     副代表 安部 典嗣
◆申込先 080-1912-3357(藤井)
     090-4146-0977(安部)

3 / 2412345...1020...最後 »